アウトレットや型落ちのフィットちゃんランドセルを買うには?

夏休みはラン活が本格化する時期とも言われています。

調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位に出ている工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系など少量生産のブランドランドセルを狙っている場合は早いうちから情報を集めておかなければいけません。

ただ、夏前など早く決めすぎた場合に子供が心変わりすると大変です。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的に購入するのにオススメなタイミングは年末年始です。

なぜかというと年末の決算で安くなっていたり、入学まで3ヶ月くらいの時期ならそこまで急激に体型も変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを考える方も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子はほぼ選択肢がなかったですが最近では様々な色やデザインが登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と考えてしまう方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、緑系やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系はそれに次ぐ3番人気を保ち続けています。

また、メーカーによってはピンクに近い色合いも赤系に含める場合があります。

なので、選ぶのに困ったら定番色から選ぶのも全然アリですよ。

年々選択の幅が広がる天使のはねやフィットちゃんといった人気メーカーのランドセルですが来年入学する子供を持つ親御さんはランドセルをもう決めましたか?まだ購入していない人もおそらく夏のうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

ランドセル業界にもトレンドは存在しているのでラン活をするにあたってトレンドを知っておきましょう。

女の子向けの最近のトレンドとしては王冠の刺繍などお姫様感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

刺繍などのデザインは繊細で上品なものがここ数年の主流になっているようです。

刺繍などがないシンプルな見た目の場合では本体はチョコレートブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

初めて小学校へ入学するお子さんがいる時は教科書代など思った以上に費用がかさみます。

特にフィットちゃんランドセルは選択肢に幅があり質のいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方にアドバイスを聞くと予算としては3万円以上にしておくとある程度の品質が見込めるようです。

実際の売れ筋も4万円台というネット上の調査結果もあります。

できるだけ品質が良くて安く購入したいという場合は国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

機能的にほぼ変わらない前年モデルの製品や、機能的にほぼ変わらない前年の型落ちのフィットちゃんランドセルやキャンセル品が定価に比べかなり安く買えます。

年々、夏休みなど購入ピークが早まっている天使のはねやフィットちゃんといった人気メーカーのランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに予約・購入されましたか?ここ数年人気のデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能数などの問題から早めに注文されることも多いようです。

まだ購入されていない方向けに今年のトレンドを推察します。

基本的なサイズとしてはA4フラットファイル対応サイズが売れ筋となっています。

男子向けのキーワードとして「スポーティで元気」から「上品で知的」な方向へ変わっているようです。

女子向けでは水色や紫が人気でしたが今年はブラウンやピンクに近い色味の赤系が売れているようです。

スマホが普及して何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びにも通じます。

初めてラン活をする際はどれを選んで良いかわからず評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと評判通りではないこともよくあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製品がどう造られているかを知らなければいけません。

また、口コミを調査するにしてもメーカーは数十社もあり、何を選べば良いか決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては最初にメーカーを1、2社選んでしまうことです。

例えば、自社製造している天使のはねのセイバンやフィットちゃんのハシモトなんかは品質が安定して高いです。

参照:http://www.motomessut.com/faq/outlet.html

みなさんが子供の時の通学かばんは何を使っていましたか?黒か赤のランドセルという方は多かったのではないでしょうか。

最近ではランドセル本体のデザイン性が高まり見た目で選ぶ親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーを着けている方も多くなってきています。

男女両方で人気のカバーはランドセル本体のデザイン性を損なわないシンプルなものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースでラインが入っているなどワンポイントデザインものも人気のようです。

他の人と被りたくない方はハンドメイド系のサービスで探してみても良さそうです。

お子さんが小学校を卒業した際に困るのが中学生になると使わなくなるランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるかのどちらかが多かったですがここ数年で財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

フィットちゃんのようなランドセルは長期間使うことを前提としているため素材の自体が撥水性や強度が高く6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着を持っているから捨てられず進学した際に通学で定期券を入れるパスケースにしたり例えば、進学した際に定期券を使う場合はパスケースに仕立てるなど形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

暑くなって来て「ラン活」が本格化する時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活をするにあたって気になるのは値段の相場です。

1番人気の価格帯は4万円台になっているようです。

実際に7割近くの人が3万円台~5万円台を選んでいるというデータもあります。

約70%の人が3万円台~5万円台を選んでいます。

6年間と長期間使い続けるということを考えるとまた、3万円以上の丈夫なランドセルなら実際に売り場で販売員をしていた方の言葉を参考にするとやはり3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいようです。

最近はリビングで勉強をする子供が増加しているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると悩むのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアとの調和性が不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアを活用してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下などの空いたスペースにカラーボックスを置いてみたり、現在居間に置いてあるラックの一部をランドセル用に使う、床に置く場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

少し前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所や施設などに寄付する流れがありましたね。

何か助けたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人が好きなものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望が合わないこともあります。

実際にこの現象の発端となった人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と述べており本当の思いは子供達の支援が広がるきっかけにしてほしいというところだったようです。

震災などを含め何かを寄付する際は贈る対象にとって欲しいものは何かを考えて贈りたいですね。

必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

子供達の支援が広がるきっかけになればいいなというところが本当の思いだったようです。

その後、施設職員から「ランドセルくらいは本人が好きなものを選ばせたい」というその後、プレゼントが届いた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」というその後、施設職員から「ランドセルくらいは使う本人希望のものを選ばせたい」という皆さんが小学生の時、通学する際はどんなカバンで行っていましたか?多くの人がランドセル通学だったと思います。

自分の子供や孫が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに色々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方を悩んだら他の家庭ではどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後数年経過してからもう1度ランドセルを購入するとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さ、容量を重視しているようです。

ここでいう軽さとはランドセル本体ではなく背負った時に軽く感じるかです。

この前、個人的にランドセルについて調べていたらアディダスなどのブランドロゴが付いたランドセルがあるんですね。

運動が好きな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を詳しく調べると百貨店モデルと呼ばれるタイプでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているので低学年の頃など少々手荒く扱ってしまう時期に傷がつきにくくお手入れが簡単なようです。

他の製品との大きな違いとして挙げられる点はロゴが反射プリントされているので冬の夜や暗い道などで存在がわかりやすくなることなど防犯面が上がっています。

ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かける機会が増えると思います。

その際の注意点がいくつかあるので確認しておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいA4フラットファイル対応サイズが必要なのかです。

次に実際に店頭に行ったときには丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さの意味はランドセル本体の重量ではなく背負った時に軽いと感じるかを指します。

背負った時のフィッテイング感などから軽いと感じるかということを指します。

他にも6年間の修理保証がついていると万が一壊れてしまったときに修理してくれるので安心できますね。