nisaとは?デメリットはある?何の略?【わかりやすい解説】

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAには最長5年という条件があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

但し条件があって、残高が0にならないと解約はできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、そのとき、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

こういった総合的なコストを含め実際的なデメリットと言えそうです。

NISAのリスクを紹介します。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

参考:NISAの口座は専業主婦でも作れる?【おすすめの証券会社は?】

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はそのままですので、その点はお気を付けください。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?あなたがもし初心者だったとすれば、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAというものは最長5年間という有効期限があるからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAをどのように使うのかは、考え方は人それぞれなので正解はこれだと決められませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券がオススメです。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型の投資信託です。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は一般的には、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資に回す予算をあまり取れないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

つみたてnisaとは?ジュニアnisaとは違う?

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

NISAとは何かをシンプルに言うと、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

日本では2014年に開始した取り組みで、毎年120万円の非課税枠があります。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

最長で5年間という制限があり、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

ではジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫のために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAについて詳しく説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株の場合は一般的には、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAの運用期間は2023年までとなっています。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

あとは手数料だけではなく、キャンペーンなども合わせて検討するといいですね。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックなどがある証券会社もあります。

投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと分けると株と投資信託とワラント債というものになります。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がかからないこと、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAのリスクについて説明します。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金しても金利が低いからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。